コペの思うことを発信するブログ

漢方薬の紹介をするページです。その他、旅の色々、キャンプ、スポーツ、音楽などを掲載していきます。

淡路島~姫路の旅 2日目

スポンサーリンク

前回の続きで大阪~淡路島~姫路の旅を書かせてもらいます。

 

1日目に大阪~淡路島(洲本)の旅を書かせてもらいましたが今回は2日目です。

www.smilekampo.com

淡路島は大阪からそれほど遠くなくて1時間強もあれば行けます。そして、明石海峡大橋を渡ると別世界、一気に雰囲気が変わります。なかなか言葉で伝えれないんですが、なんて言うか穏やかな時間が流れるというか、暖かい空気を感じることが出来ます。

 

 

1日目、2日目のルートがこんな感じです↓

f:id:kopeblo:20190407174716p:plain


[目次]

 

1,素敵な海辺の朝

 

昨日は結構長距離を走ってきたのでみんなお疲れか朝の目覚めは悪い。でも自分だけは目が覚めてしまったので朝の散歩にすぐ裏の海岸まで。

 

朝のひんやりした空気の中、目の前に広がる海を眺めるのが至福の一時。

 

秋のうろこ雲が広がり不思議な空が広がっていました。

f:id:kopeblo:20190407174857j:plain



2,うずしおの丘へ

 

昨夜お世話になった民宿厚浜さんを朝早々に出発してうずしおの丘に向かうことにしました。

 

ここは淡路島で有名な絶景レストランで食べれる食材も新鮮で、生しらす丼やウニしゃぶなどなかなか食べれない贅沢なメニューがそろってます。

 

ただ自分たちはスケジュールの都合でランチメニューを食べれなかったので朝食として淡路島バーガーを食べることにしました😊

 

淡路島オニオンキッチンさんのオニオンビーフバーガーが2013年のご当地グルメバーガーグランプリ1位を取られたとのことで楽しみにしてました。

 

それがこちらのバーガー↓

 

f:id:kopeblo:20190407175335j:plain

さすがにタマネギの名産地だけあってオニオンたっぷり!!

 

ポテトもとてもしっかりした厚みがあり、おいしさ満点。

 

ちなみに、うずしおの丘にはこんなUFOキャッチャーもあり。

 

f:id:kopeblo:20190407175422j:plain

ここまでタマネギを入れてくるとは・・・・(゚Д゚)

 

これは相当難しそうだな・・・。

 

おそらくUFOキャッチャーにタマネギが入っているのはここにしかないのではないでしょうか?(*^o^*)

 

絶景レストランというだけあってここからの鳴門大橋の眺めはさすがでした。

 

f:id:kopeblo:20190407175500j:plain

そして数時間後にあの橋の下に行くとは(・∀・)

 

3,うずしおクルーズ

自分が淡路島に来て絶対にしたかったこと、それはうずしおを見ると言うことでした。

 

うずしおの見方は何種類かあって、展望台から見る鳴門大橋の遊歩道から見る船に乗って見るの3つがあるのですが、せっかくなら船に乗って一番近くで見たいと思い船に乗ることにしました。

 

そこで福良港から出発する咸臨丸を予約しました。

 

福良港というと淡路島の南側に位置する大きな港で、福良マルシェなどの観光スポットがあり大変賑わっていました。

 

そこから交互に出港する船が咸臨丸と日本丸があるのですが、レトロ感があるのが咸臨丸だったのでそちらの船を予約しました。

ちょっと見えにくい写真ですが、こんな感じの船です。

 

f:id:kopeblo:20190407175654j:plain

まさにパイレーツオブカリビアンを彷彿とさせるような味のある船ですね✨

 

子供達も初めてこんな大きな船に乗れるということで、大はしゃぎでした😆

 

そして出港o(^o^)o

 

福良港から約1時間掛けてうずしおを見て帰ってきます。

 

さすがに船に乗っての海風は心地よいというよりも強くて、風にあおられながら鳴門大橋に向かいます。

 

途中帰ってくる日本丸とすれ違うときに乗っている人におーっい!と手を振ることができるのもこのクルーズならではの楽しみですね。

 

そしていよいよ鳴門大橋が近づいてきます。

 

鳴門大橋の近くまで来ると海面が明らかに変わってきます。

 

それまで波立っていた海面が波のない状態になってくるのです。そして海の下から湧き上がってくるような丸い円のようなもの(花に例えられるみたいですが)見えてきます。

 

f:id:kopeblo:20190407175837j:plain

 

そしてしばらく待っているといよいよ渦が見えてきます。

 

f:id:kopeblo:20190407175856j:plain

 

渦の大きさはその日に気象条件や時間によって違うみたいで、この日はそこまで大きな渦は観れませんでしたが、それでも渦を巻く海面がいくつも観れました。

満潮と干潮時の海面の高低差が大きい狭い海峡で起きる現象で世界でも3箇所ぐらいしか観れないみたいです。

そんな貴重な場所に行くことが出来て幸せな時間を過ごせました😂

 

4,淡路島から姫路城へ

 

念願のうずしおを見終わり福良港に戻ってきたのが昼過ぎだったと思います。

 

それから昼食を済ませ、さてどうしようか?となったのですがそのまま淡路島でゆっくり過ごして帰宅するのも良かったのですが滅多に兵庫にもこれないし・・・ということで姫路城まで行ってみることにしました。

 

これは今思えば結構欲張りな計画でしたが、その時は勢いで行ったと思います。

 

淡路島の南端から姫路までは距離にして約100km、車では2時間弱で行ける距離です。

 

幸いにもそれほど混んでいなかったので割とすんなりと行けたのですが、着いたのが4時を回っていたのではないでしょうか?

 

残念ながら天守閣への入館時間は過ぎてしまったので、姫路公園内を歩くことにしました。

f:id:kopeblo:20190407180128j:plain


姫路城も以前から来たかった城です。

 

ちょうど修繕も終わり美しく白い姿が印象的でした。しらさぎ城と言われる意味がよく分かりました。

 

次回は是非天守閣に入場したいです。

 

そして楽しい2日間の旅も多くの思い出をもらい終わりに近づきました。

 

ただそこから自宅に帰るまでが大変でした。

 

渋滞に巻き込まれ結局帰れたのが夜の12時近くではなかったかと思います。

 

子供達は車の中で爆睡でしたし、自分も2日間の疲れと眠気でかなりきつかったですがなんとか気合いで帰った感じです。

 

それにしても淡路島は活気がありました。

 

観光スポットも多かったですし、食べ物も素晴らしかったです。

 

また機会があれば是非行きたいですね。

 

2回に渡っての旅行記、お付き合い頂きありがとうございました(^_^)