コペの思うことを発信するブログ

漢方薬の紹介をするページです。その他、旅の色々、キャンプ、スポーツ、音楽などを掲載していきます。

韓国旅行2日目

スポンサーリンク

今回もゴールデンウィークに行った韓国旅行2日目の記事を書かせてもらいます。

 

1日目に江南(カンナム)市内をぶらりと観光したのですが、

 

1日目の記事はこちら↓

www.smilekampo.com

 

2日目はいよいよソウル最大の観光地、明洞(ミョンドン)です。

 

江南が比較的新しい町で道が整備されていて(5車線の道路でまっすぐな道路が多い)高層ビルが整然と立ち並ぶ町であるのに対して、明洞は古くからの韓国王朝時代の面影を残す町です。

[目次]

 

1,ソウルタワー

 

私が2年前に訪れた時は明洞のシンボルでもあるソウルタワーに行きました。(今回は時間の都合で行かなかったのですが)

 

ソウルタワーはソウル市内南山公園内にある236.7mの高さのタワーです。南山の高さが243mあるので、頂上にあるソウルタワーに登るとソウル市内を一望出来ます。

f:id:kopeblo:20190510212135j:plain


日本でいう京都タワーを彷彿とさせる姿ですね(^▽^)

 

また南山に登るケーブルカーもあり、土日には待ち時間が出来るほど賑わっています。

 

2,景福宮キョンボックン)

 

つづいてソウルの観光地として有名なのが、景福宮キョンボックン)です。

 

朝鮮時代(1392~1910)の正宮として繁栄しました。

f:id:kopeblo:20190510212231j:plain

f:id:kopeblo:20190510212257j:plain

立派な正門から中に入るととても広々とした宮廷が広がります。まさにチャングムの世界ですね😊

 

中では伝統武芸の催しが行われていました。また、韓国の民族衣装チマチョゴリを着た観光客の方を多く見かけました。最近チマチョゴリは流行みたいですね☆彡

 

3,仁寺洞(インサドン)

 

景福宮の近くにある町、仁寺洞

 

茶店や韓国料理の飲食店、陶器、茶、手製の韓紙などの伝統工芸品を販売する店が並んでいます。

 

明洞中心部の繁華街とは違った、どちらかというと芸術的な町並みの少し落ち着いた雰囲気がある場所です。

 

伝統工芸品のお土産を買うならまずこの場所が良いかと思います。

 

また絵画なども沢山売っていて、自分も前回行ったときに小さなひまわりの絵画を買って自分の部屋に飾ってます(^^)

 

またソウルの町には至る所にスターバックスがあるのですが、仁寺洞に世界で初めて現地の言葉で看板を出したスターバックス店がありす。

f:id:kopeblo:20190510212528j:plain

まったく読めませんね(^_^;)

 

4,ソルロンタン

 

仁寺洞を一通り観光した後は少し早めに昼食をいただきました。

 

韓国の代表料理の一つ、ソルロンタンをいただきました。

 

ソルロンタンとは牛の肉・骨を長時間煮込んで作る、乳白色のシンプルなスープ料理。

f:id:kopeblo:20190510212648j:plain

中には素麺の様な柔らかい麺が入っていました。一口スープを飲むと結構薄味。

 

韓国料理は結構辛いイメージがありますが、スープ料理は意外に薄味が多く、最終的味付けは自分でするみたいです。

 

そこで、塩やこしょうを自分で振りかけてお好みの味にしていきました。

 

とても胃に優しく、体が温まる料理です。

 

また、韓国の料理店には必ずと言って良いほどキムチがあります。そのお店の良さを決めるのはメインの料理ではなくて、キムチの味にあると言われるほどキムチの味付けにはこだわりがあります。

f:id:kopeblo:20190510212759j:plain
こちらのお店のキムチは大変美味しく、ボリュームもあり、おかわり自由です。

 

あと韓国料理店の食事のボリュームがすごい。日本の1.5倍ぐらいの量が出てきますので毎食お腹がはち切れるほど食べることが出来ます。

 

5,ロッテホテルソウル

 

ソルロンタンをたらふく頂いたあとは、一休みということでロッテホテルソウルのラウンジでお茶を頂きました。

 

ロッテは日本でもお馴染みの会社ですが、もともとが韓国の企業で日本で成功した後に韓国に進出して今ではソウルの町はロッテの町とでも思うほど至る所がロッテです。

 

そんなロッテの超高級ホテルのラウンジでお茶が出来るとは(≧◇≦)

 

こんな至福は滅多に味わえません。

 

f:id:kopeblo:20190510212905j:plain

f:id:kopeblo:20190510212927j:plain

 

6、NANTA

 

明洞でのもう1つの楽しみ、それがNANTAです。

 

NANTAってなんた?ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

冗談はさておいて、実際自分もNANTAなるものがどう言ったものか全く分からなかったのですが、予習によると劇団みたいな人たちが音楽に合わせて包丁を振り回す?と言った感じに聞いていました。

 

正直観るまではあまり期待をしていなかったのですが、実際パフォーマンスを観ると、これがこれが圧巻のショー!!!!

 

なかなか言葉でお伝えするのは難しいのですが、堺正章のウルトラ芸を何人もの俳優が繰り広げ、そこに太鼓のパフォーマンスが加わり、太鼓のバチの代わりに包丁を使いまな板を叩きまくる!!!!!

 

余計に分かりずらいですが、とにかくすごいんです(≧◇≦)

 

今回の明洞で体験した中でダントツの一位です。

 

さすがに20年も前から続いている意味がわかります。

 

そして、言葉が分からなくても独特の動きと声で多くの笑いをもらえます。

 

特に子供達が大喜びでパフォーマンスごとに熱烈な笑いが起こります。

 

是非みなさんも機会がありましたら一度見てみて下さい!!

 

なお、今や世界50カ国以上で公演していて日本でも公演しているみたいですので韓国に行かなくても観れますよ😄

 

7、火砲(ファポ)食堂

 

楽しいNANTAを観させてもらった後は、お待ちかねの夕食。

 

今回は念願の韓国焼肉を頂くことができました。

 

連れて行っていただいたお店が、ファポ食堂

 

こちらのお店はチェーン店ですが、地元の方にも大変人気で行列ができるほどです。実際自分たちが行った時も1時間ほど待ちました。

 

こちらのお店の代表メニューがサムギョプサルモクサル(豚の首肉)です。

 

注文してまず出てきたのがやはり付け合わせの野菜や香味料の数々。

f:id:kopeblo:20190510213135j:plain

これらが全部サービスで出てくるのが、やはり韓国のすごいところ。

 

続いて、ドーンとお肉が出てきました。

 

f:id:kopeblo:20190510213721j:plain

その分厚さに驚き!(◎_◎;)

 

f:id:kopeblo:20190510213821j:plain

さらにお店の人が全部焼いてくれて、ハサミでお肉を切って細かくしてくれるという至れり尽くせり。

 

ほどよくカリカリに焼かれたお肉を食すと、もうほっぺが落ちそうなくらい美味しいです。お肉の柔らかさも最高、付け合わせの野菜と一緒に食べても良し、ヤンニョムを塗って食べても良し、最高のお味でした。

 

こうして韓国の2日目は盛りだくさんの内容で過ごすことができました。

 

こんな機会を頂けて本当に幸せでした😊

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。